着床前診断(PGT)


体外受精によって得られた胚盤胞の一部を採取し、染色体の検査をして正常な胚を移植します。検査する目的により3つに分類されます。

 PGT-M(着床前単一遺伝子検査)Preimplatiton Genetic Testing for monogenic
遺伝性疾患を持つ子が生まれる可能性のある夫婦が対象になります。
 PGT-SR(着床前胚染色体構造異常検査)Preimplatiton Genetic Testing for Structural Rearrangemen
夫婦のいずれかの染色体に構造の異常があると流産しやすくなります。流産を反復した夫婦が対象になりますが、今回の臨床研究では流産の有無は問わず検査できます。
 PGT-A(着床前胚染色体異数性検査)Preimplatiton Genetic Testing for aneuploidy
年齢が高くなると染色体の数の異常が多くなるため、移植の反復不成功や流産が増加します。日本では禁止されていますが、今回の臨床研究では検査できます。


今回のPGT-A臨床研究に参加できる方

 反復不成功例
直近の胚移植で2回以上連続で臨床妊娠されていない方が対象です。
 習慣流産
2回以上流産を経験されている方が対象です。
 染色体構造異常
従来は流産を反復した夫婦が対象したが、今回の臨床研究では流産の有無は問わず対象になります。

臨床研究に参加を希望される方は、必要な追加検査を受け、他の条件も満たし、カウンセリングを受けた後、参加できます。